黒 の 騎士 団 糾弾

09.12.2020
362

が言った瞬間、扇は彼女を突き飛ばす。 そのまま、壁を背に蹲って、耳を塞ぐ。なぜ体が震えるのかすら、わからない。なぜこんなにも怖いのか、すらわからない。わからない、何もわからない。でも、少女の言葉は恐ろしい。それだけはわかっていた。 突き飛ばされたC. 広場で行なわれていたパーティーも数時間前に終わり、アッシュフォード学園は静寂の闇に包まれていた。 そこへカツンとヒールの音をさせてやってきたのは、特徴的な緑色の長い髪を持った少女、C.

は赤い口元をにぃっと上げた。 「最初は、当時のエリア11でのレジスタンス活動。あれは元々、カレンの兄紅月直人が作ったものだ。彼が人を集め、KMFを探し出し、作戦を練って、メンバーを奮い立たせた。そんな紅月直人が死んで、親友だったお前が後を引き継いだ。……そんな能力もないのに」 C. そうは言ってもいろんなものをつまみ食いします。 いや、『しています』…かもしれない。 三日坊主な私が始めたサイトなので かなり更新が遅いです。 それでも楽しみに来ていただけると嬉しいです!. パァンと一つの銃声が響く。しかしちょうどアッシュフォード学園のフィナーレを飾る花火のおかげで音が気づかれることは無かった。 それと同時に僅かな抵抗を見せていた腕の力が、抜ける。 目の前に横たわる人物は、ピクリとも動かない。. が言った瞬間、扇は彼女を突き飛ばす。 そのまま、壁を背に蹲って、耳を塞ぐ。なぜ体が震えるのかすら、わからない。なぜこんなにも怖いのか、すらわからない。わからない、何もわからない。でも、少女の言葉は恐ろしい。それだけはわかっていた。 突き飛ばされたC.

が、カレンを横目で見る。 「そうだ。つまりそれだけ、ナナリーは今怒っているのさ。兄を自分から取り上げたブリタニアを、スザクを、皇帝を」 「…普段怒らない人が怒ると、怖いのよね…」 「…そうだな」  思わず怯えの表情になってしまう二人だった。 戻る  :  続. リンク コードギアス検索サイト「GEASS SEARCH」 管理者ページ このブログをリンクに追加する.

… C. 11 ?

リンクはフリーです。報告も自由です。 …けど、報告してくださると私も遊びにいけるのですごく嬉しいです!後、相互も大歓迎です!. が、カレンを横目で見る。 「そうだ。つまりそれだけ、ナナリーは今怒っているのさ。兄を自分から取り上げたブリタニアを、スザクを、皇帝を」 「…普段怒らない人が怒ると、怖いのよね…」 「…そうだな」  思わず怯えの表情になってしまう二人だった。 戻る  :  続.
  • は首を傾げた。 「日本語がなっていないな。お前達がルルーシュに裏切られた? お前達はルルーシュを信頼していた訳でもあるまい?」 「で、でも、彼は、俺達に嘘を……」 「嘘、とは?」 蹲る扇の前にしゃがみ込んだC. に、ルルーシュは眉を寄せた。 「何だ、文句でもあるのか?」 「……いや、もうそれがお前だとわかっているつもりだからな」 「なら、次の目的地は中華だ。……タバスコ、忘れるなよ」 「ふふ、わかっているさ」 笑いながら言い合うと、次の瞬間、二人の姿が掻き消えた。 その少し後、扇要首相が退陣した。 理由は、圧倒的支持率の低下と、精神的ストレスによる胃炎の悪化、だったと言われる。 星刻は意外ともったな ああ、奴は粘り強かった 扇ももう少し見習えば良いのに 中華もなんとかなったことだし、次はどうする? そうだな……騎士団メンバーでも回ってみるか? ではとりあえず藤堂に行ってみるか なぜ藤堂からなんだ? お前のことだからカレンから行くかと思ったが 決まっている 昔のお前を知っていたにも関わらず、お前を裏切ったからだ ………C.
  • さんに聞いた話では、兄は最初姉さまにギアスをかけるつもりで対面したのだそうです。自分を撃てと。そうすれば、ゼロを誘き出して射殺しようとした卑怯な皇女として、姉さまは人望を失う。   けれど姉さまの悪意のない申し出を、兄は断りきれなかった。皇女としての地位も権力も全て返上することで、ゼロの罪を全て帳消しにしてくれと皇帝にかけあい、特区日本のためにゼロと一緒に働くという決意を見せた姉に、兄は最後は折れたそうです」 「マジかよ…」 「皇位を返上…そこまでして…」   乾いた唇を潤すように、ナナリーがカップに口をつけた。それはあるいは彼女も心を落ち着ける必要があったからかもしれない。カレンはこの隠れ家で、ナナリーがC. Cだった。黒い衣装が風に煽られる。 「いつまでそうやっているつもりだ?まだ満足しないのか?」 「・・・C.

Pixivへようこそ

リンク コードギアス検索サイト「GEASS SEARCH」 管理者ページ このブログをリンクに追加する. の口元がにぃっとつり上がる。 「そこまでしたルルーシュに、お前達がしたことはなんだ?」 「……………う………ぁ…」 「……なあ」 C. の顔には何の感情も浮かんでいない。彼女はずっと彼ら兄妹の傍にいた。誰よりも深く彼らを知っているのだろう。 「害のない、か弱い女だと思わせておけば、敵もわざわざ狙うことがない。ナナリーなりの、兄に迷惑をかけないための処世術だろうな。  そしてルルーシュのためでもある。あれはナナリーという護る対象がいなければ、ただ憎しみだけで生きる復習鬼となっただろう」 「…なるほど」  ナナリーはそれを感じたわけだ。自分こそが、兄をこの世に確と結びつけておく楔であると。 「ルルーシュの感情を刺激しないよう、ナナリーはこれまでどんな不遇な生活でも、ブリタニアが憎いなどと一言も言わなかった。激しい感情を表したりはしなかったんだ」  C.

紗鳳寺 のえる. NAME: TITLE: MAIL: URL: COMMENT: PASS:. あの三日前のナナリーを迎えての会議の席で、彼女がああいったときには、すでに全員がナナリーを擁し、ゼロを取り返す計画を頭で練り始めていた。改めて聞かれて逆に面食らったほどだ。   その後具体的にいくつか制限事項や行動指針が定められ、ナナリーは形式上騎士団のトップとなった。これは実権はないが、ゼロの作った騎士団が人種に因らず正義を行うことの象徴でもある。 「あまり頑張りすぎると後で疲れるぞ、ナナリー」   隠れ家の内で歩行訓練をするナナリーを見つめていたカレンの横から、C.

Cだった。黒い衣装が風に煽られる。 「いつまでそうやっているつもりだ?まだ満足しないのか?」 「・・・C.

  • C。しかしこうならざるを得なくなったのは、誰のせいだ?」 「フフッ相手はビックリするだろうな。死んだはずのお前が生きて目の前に再び現れたときは。」 「あぁ、けれどそれくらいの絶望は味わってもらわなければこちらとしても困る。俺から、奪い取るだけ奪ったのだからな。俺の味わった絶望も等しく味わってもらわなくては。」 「なんて酷い奴なんだ。」 フッと笑うC.
  • は思わず目を見開いた。そして、呆れた様に扇を見る。 「お前、本気で言っているのか? ……馬鹿だとは思っていたが、ここまでの馬鹿だとは。いっそ清々しいくらいだな」 「な、にを……?」 「本当に分からない、と言うのなら、教えてやるよ」 くすくすと嗤いながら、C. 刺さるような視線をスザクから向けられていることも気がついていた。 ブランクがあるとはいえ、11年前は皇族をしていたルルーシュにはそれは分かりやす過ぎるものだった。 ルルーシュがそう呼んで振り返れば、すぐに偽りの笑顔をこちらに向けるスザク。.

… hh. Comment 4. 11 .

この作品の前後に投稿された作品

は扇の頬に手を添えた。そして、思いっきり張り叩く。 「お前達の方が、ルルーシュを裏切ったんだろう」 叩かれた頬を押さえて呻く扇を余所に、C. Cだった。黒い衣装が風に煽られる。 「いつまでそうやっているつもりだ?まだ満足しないのか?」 「・・・C. そうは言ってもいろんなものをつまみ食いします。 いや、『しています』…かもしれない。 三日坊主な私が始めたサイトなので かなり更新が遅いです。 それでも楽しみに来ていただけると嬉しいです!.

…    C?   …… C.

プロフィール Author:あず ここは、管理人あずによる期間限定女性向け非公式ブログサイトです 公式とは一切関係ありません サイト内の画像や文章は無断転載、複製、配布等の利用禁止です 基本ルルーシュ至上主義です. Cが声を掛ければ誰もいないはずのその場所に答える声が一つ。 闇を纏って現れたのは、先ほど殺されたばかりのルルーシュだった。 「満足さ。これで閉ざされた監視の箱庭から逃げ出せる。ちょうどよかったよ。スザクがこのエリア11に、しかも学園に復帰してくれるとは。これでこちらも動きやすくなる。それに・・・」 「死の無い体になったことが分かったとたん、これか。お前も性格が悪くなったな。歪みすぎだぞ。」 「余計なお世話だC.

C。しかしこうならざるを得なくなったのは、誰のせいだ?」 「フフッ相手はビックリするだろうな。死んだはずのお前が生きて目の前に再び現れたときは。」 「あぁ、けれどそれくらいの絶望は味わってもらわなければこちらとしても困る。俺から、奪い取るだけ奪ったのだからな。俺の味わった絶望も等しく味わってもらわなくては。」 「なんて酷い奴なんだ。」 フッと笑うC.

  • は少し不満を隠せないでいた。 その対象は、もちろん扇要。 「全く、気絶するのが早すぎる。まだまだ言い足りないことばかりだと言うのに…」 「お前はまだ良いだろう? 俺なんて全然言えてないぞ」 「そもそも、お前が本気で殺気を放つからいけないんだろう」 「仕方がないだろう。扇はロロの仇の様なものでもあるんだからな。あれでも抑えたんだ。スザクに比べるとまだまだだぞ」 「あの半分獣と比べるな」 お互いに憮然とした表情を隠せない。予定としては、もっと時間をかけてねちねちと今までのことを言い募ろうと思っていたのだ。予想以上に扇の精神が弱かったことと、彼が意識を手放して倒れた音を聞きつけて人がやってきたことが、想定外だった。 「…あれではこの日本の未来も暗いな」 「その前に、首相を下ろされるんじゃないのか? あれは人の上に立つ器じゃないさ。そもそも、感情に走る奴が政治家に向いている訳がないだろう」 「……誰が首相になんてしたんだか」 「まだ南の方が合っていたんじゃないか? それか神楽耶だな」 くすくすと嗤いながら、二人は廊下を歩く。その内、政庁から外へ出るが、彼らの歩みは止まらない。 「次はどこへ行く?」 「そうだな………思いの外、超合集国の瓦解が早そうだからな。それこそ神楽耶のところか?」 「中華でも良いんじゃないか? 星刻もそろそろやばそうだ。恨み事を言うなら、今だろう?」 「……そうか。なら中華にしばらくいるとするかな。星刻がいなくなった瞬間に崩れられても困るし」 「別に世界なんてどうでも良いじゃないか」 「ナナリーやスザクに被害が及ぶだろう?」 「…………いつまでたってもお前はそればかりだな」 心底呆れた様に言うC.
  • Cだった。黒い衣装が風に煽られる。 「いつまでそうやっているつもりだ?まだ満足しないのか?」 「・・・C.
  • リセット ~48~.
  • から逃れようと後ずさるが、背に壁が当たった。 扇は混乱している頭で考える。どうして、どうしてこんなにもこの少女のことが怖いのだろう? この少女は、ただ、笑っているだけなのに。なぜ、自分はこんなにも汗をかいているのだろう? 扇の混乱を余所に、C.

…   …   ……   ………   …… ………… C! GEASS SEARCH. …… C.   …… C.

気絶もある意味、「逃げ」ですよね。 ホントに扇は、自分で「責任」というものから逃げてるとしか思えませんね。  騎士団のリーダーもそうですが、21話冒頭の玉城との会話での「神楽耶様達への説明は俺がする。責任は取る」とか言いながら、結局責任を取った形跡が全く見られない事とか…。. は扇の頬に手を添えた。そして、思いっきり張り叩く。 「お前達の方が、ルルーシュを裏切ったんだろう」 叩かれた頬を押さえて呻く扇を余所に、C. コメント返信 が補足する。 「ユーフェミアはゼロが異母兄であることを知っていた。その上で打ち出した策だ。   だからゼロに自分の手を取るように訴えかけた」 「ゼロの正体を知っていた…!?」 「ああ」   その言葉は騎士団を大いに困惑させた。 「ブリタニアにたてつく組織のリーダーがブリタニアの皇子だと知っていたのなら、それを公表するだけでも相当な痛手を我々に与えられたはずだ。何故ユーフェミアは黙っていたんだ?」 「ゼロとナナリーを愛していたからだ」   直裁この上ない返答。呆気に取られた面々に、ナナリーが菫色の目を曇らせて続ける。 「C.

RSS RSS RSS RSS.  21…. Admin Write Comment.

  • サバイバル ホラー 小説
  • デュエル マスターズ 主人公
  • ナスティ・ マジェスティ
  • ちゃお 12 歳 人気 ランキング